Top > FXのスプレッド固定とは

FXのスプレッド固定とは

 

スプレッドというのは、設定されている買値と売値の差のことを言います。例えば、売値の設定が110円45銭で買値が110円50銭の場合は、スプレッドが5銭ということになります。これらの設定は、FXの業者が自由に行なうことが出来ます。ですから、その会社に支払う手数料だと考えても良いでしょう。

FXのスプレッド固定というのは、これらのスプレッドが固定されて変動しない状態を指します。固定されていることで、市況の大きな変動が起こっても安定した取引条件の下で安心して取引を行なうことが出来るという利点があります。

それに、安価な取引コストを提供することで、取引コストを安定させ、安心して取引を行なうことが出来る仕組みになっています。

ただし、完全に固定するという訳ではありません。重要指標の発表時など、状況によっては開いてしまう可能性もあるということを理解しておかなければなりません。

スプレッド固定を謳っているFX業者であっても、実情は開いてしまっているという業者も多くあるようです。きちんと調べることが大切です。

設定金額も各FX業者により様々(各通貨によっても異なります)で、0銭と言う業者もあれば4銭という業者もあるので、その他の条件なども考慮した上で、FX業者を選ぶようにすると良いでしょう。

 

 楽しいガーデニング  エステティックサロン  讃岐うどん
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
外為オンラインFXのスプレッド固定(2009年7月25日)
スプレッド固定なら「みんなのFX」(2009年7月25日)
MJのFXスプレッド固定(2009年7月25日)
CMSのスプレッド固定(2009年7月25日)
FXのスプレッド固定とは(2009年7月25日)